FC2ブログ
ホーム
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

福島原発の事故によって、放射性物質について、よくよく考える機会を得ました。


福島原発の事故が起こる前は、チェルノブイリの事故だってどこか人ごとでしたし、放射性物質なんて自分にはまったく関係ないことだと思っていた人も多いのではないでしょうか。


放射性物質が危険なものだと言うことは、みんな知っていることだと思いますが、では、どうして放射性物質が危険なのか、正しく理解してますでしょうか?



まず、放射能とは、放射線を出す能力のことで、これは原子核が崩壊するときに出るものです。


放射能の単位はベクレルで表し、1ベクレルとは、1秒の間に1個の原子核が崩壊することを意味します。


そして、この放射線を出す能力を持ったものが、「放射性物質」と言われています。


放射性物質の代表的なものに、ウランやプルトニウムやセシウムやヨウ素があります。


放射性物質はものすごく不安定な物質であるため、一定の確率で原子核崩壊を起こして、その都度放射線が外部へ放出されています。


このときに放出されている放射線が、α粒子、β粒子、γ線です。


このような放射線を動物が浴びると、何が怖いかというと、DNAの鎖が破壊されたり、DNAの2本の鎖をつないでいる塩基といわれる部分が壊されたりすることです。


このDNAが破壊されたりする被害を、放射線被爆と言っていて、放射線被爆によって引き起こされる様々な影響を、放射線障害といっています。


放射線障害には、放射線を浴びてから数週間のうちに障害が出る急性放射線障害と、数年や数十年後に障害が出る慢性放射線障害とがあります。


急性の場合には、やけど・内臓からの出血・痙攣・脱毛・目の水晶体の混濁・白血球の減少・永久不妊などの障害が現れるようになり、さらに大量の放射線を浴びた場合には、最悪死に至ることもあります。


これに対して、慢性の場合には、がん・白血病・白内障・胎児への障害・遺伝障害などがあります。


政府の発表によると、ただちに影響がないと言っているのは、急性の放射線障害はないと言っているのであって、慢性の放射線障害については、ほとんど語られていません。


これらの放射線を浴びた人には、将来がんや白血病などの障害を発症する可能性が高いというだけで、たとえ何十年後にこれらの症状を発症してしまったとしても、そのときに浴びた放射線との因果関係を証明するのは難しいところがあります。


放射性物質に調べると、いかに人体に悪影響を与えるかがわかってきます。


政府の発表では、基準値を設けてそれ以下の放射性汚染なら問題ない、というような言い方をしますが、どんな低度の放射線被爆をしても、人体にとって良いことは何ひとつないことは化学的に証明されています。




スポンサーサイト



放射能のホットスポットというところが存在し、通常の汚染地域よりも高い放射能レベルが計測されるので、特に注意が必要な場合があります。


通常、放射性物質や放射線による汚染は、放射能を出している汚染源から遠く離れるほど、汚染の度合いも低くなり、放射能の危険度も下がると考えられています。


放射能の汚染源(今回は福島原発)から非常に近いところは、非難区域とされ、その地区に入ることを禁じているのもそのような理由からです。


通常は、汚染源から離れるほど放射線濃度は薄くなるものですが、実際には、汚染源から同程度の距離離れていても、放射線濃度が高いところと低いところに分かれていたり、距離は遠いのに、距離が近いところよりも放射線濃度が高いところがあったりします。


放射能に汚染されたチリやホコリは、空気中に舞い、風とともに飛んでいきます。当然風向きに影響を受け、風が向いているほうがより放射能に汚染されていきます。


風向きの影響だけでなく、雨の影響も非常に高く受けます。


雨が降ることによって、雲に含まれていた放射能に汚染されたチリやホコリが、雨ととも地上に降り注ぐことになりますので、当然その土地が放射能に汚染されることになります。


風向きが向いている方向、雨が降り注いだ場所、これらの地域は、同じくらい距離が離れていても、通常の場所よりも、放射能汚染の高い場所になってしまいます。


このように放射性汚染の高くなっている場所を、放射能のホットスポットと呼んでいます。


放射能のホットスポットは、一様に汚染レベルが高いのではなく、まだらに濃いところと薄いところに分布しています。



原発事故により放射性物質が外に漏れたときには、まず風向きに注意しましょう。


事故現場より風下にいた場合には、当然放射性物質が飛んできますので、外出を控え、外部被ばくを避けるようにしましょう。


雨が降るときも注意です。雨が降ると、放射性物質がともにふってくるので、そのときも外出を控え、雨に触れないようにしましょう。


しかたなく外出するときは、マスクをして、外気や雨に触れた洋服は帰宅後、洗濯をしましょう。


原発事故などによって、放射性物質ヨウ素が漏れた場合、甲状腺被ばくを防ぐために有効なのが、事前にヨウ素剤を飲んでおくことです。


現在、多くの自治体では、安定ヨウ素剤を保健所などに保管していて、緊急時には配って対応する予定だそうですが、東北震災による福島原発事故では、放射能の拡散状況を予測する「SPEEDI」が機能を果たさなかったために、一番必要なときに配布することができなかったのです。


事故後速やかに対応するために、2012年1月12日、原発事故発生時の被ばく対策を検討している原子力安全委員会の分科会は、甲状腺被ばくを防ぐことができる安定ヨウ素剤を、事前に配布しておく提言案をまとめたようです。


原発から半径30km圏内の各家庭には事前配布、半径50km圏内の各家庭には事前配布もしくは屋内退避期間中に配布、することを検討しているらしいです。



事前配布の意味が、常に各家庭で保管しておくという意味でしたら良いのですが、危険な状況になりそうだったら配布するという意味なら、まったく意味がないと思います。


原発から近い町だけでなく、日本の全家庭に安定ヨウ素剤を配布しておくべきだと思う。


東北震災の福島原発事故でもそうでしたが、日本政府は原発事故を認めたくない傾向にあります。


放射能が漏れているのに、パニックを恐れて、という理由でなかなか公表しません。政府の発表を待っていたら、自分の身を守れません。


一番必要な時期に安定ヨウ素剤を飲むために、適切な飲み方などの指示をちゃんとしておき、緊急時には個人の判断で飲むことができるようにしておくほうが良いと思います。


福島原発の事故で、放射性物質というものが一般的に多くの人に知られることになりました。


特に有名なので、放射性物質ヨウ素とセシウムです。事故当時にもっとも危険だったのが放射性物質ヨウ素で、現在ではセシウムがもっとも影響のある放射性物質になっています。



ヨウ素という物質は、人体が甲状腺ホルモンを合成する際に必要な物質であるので、放射性物質のヨウ素が空気中に存在していると、人体はその区別がつかず、簡単に体内に取り込んでしまいます。


ヨウ素を取り込むと、ヨウ素は血液中から甲状腺に集まっていきます。取り込んだヨウ素が危険は放射性物質ヨウ素であっても、同じように甲状腺に集まっていき、蓄積されていくのです。


放射性物質は、原子核崩壊するときに外部へ放射線を放出するので、放射線物質ヨウ素が甲状腺に蓄積されてしまうと、長い間甲状腺の細胞が攻撃を受け、やがて甲状腺がんを発症してしまう可能性が非常に高くなります。


甲状腺に放射性物質ヨウ素が蓄積することによって、甲状腺がんの危険が高まるのは、大人よりも子供です。


子供は成長期なので、大人よりも甲状腺にヨウ素を多く取り込んでしまいますし、細胞分裂も活発なので、放射性物質ヨウ素に被爆したことによる影響が大きいと言われています。


細胞分裂が活発に行われる時期が過ぎてしまった40歳以降の大人は、取り込んだ放射性物質ヨウ素による悪い影響は比較的低いようです。



放射性物質ヨウ素131の半減期は、わずか8日間です。


放射性物質が外に漏れてから、8日間でそのエネルギーは半分になるので、8日間被爆に気をつければ危険性はだいぶ少なくなります。


また、放射性物質ヨウ素が体内に取り込まれる前に、事前にヨウ素を体内に取り込んでおけば、体内に蓄積しておけるヨウ素は決まっているので、放射性物質ヨウ素を体内に蓄積しないですみます。


放射性ヨウ素の被爆対策として、事前に飲料用のヨウ素が配られるのはそのためです。


しかし、今回の福島原発の事故による放射性物質ヨウ素の被爆対策として、ヨウ素が配られたのは、水素爆発が起こってから約1週間後でした。


パニックを恐れた日本政府は、放射性物質の危険性を伝えるより、隠すほうに力を使いました。


それにより、どれほどの人がしないですむ被爆をしてしまったのか考えるだけで悲しくなります。


プルトニウムといえば、鉄腕アトムなどのアニメにより、危険というよりも何かすごい力を持っている良いもの、という認識をしていた人もいるのではないでしょうか?


危険性よりも、すごいエネルギーを作りだしてくれるパワーの源と思っていました。


それは、原発を推進する側の良いイメージを植えつける戦略の結果なので、仕方ないのではと思います。



放射性物質プルトニウムは、人間が作り出した、この世で最も恐ろしい毒物だと言われています。


プルトニウムは自然界には存在しません。原子力発電の際に生成される放射性物質なので、人間が作りだしたものなのです。


プルトニウムは、アルファ線を放出しますが、アルファ線は紙一枚を通過することができないので、外出の際に着ていた洋服を頻繁に洗濯するなどすれば、外部被爆の心配は比較的ありません。


他の放射性物質と同じで、体内に取り込んだ場合、長い期間体内から細胞を攻撃されてしまうので、危険なのはプルトニウムを体内に取り込んだときの内部被爆です。


食べ物に取り込まれているプルトニウムを摂取した内部被爆の場合には、そのほとんどが体外へ排出されてしまうので、それほど心配はいりません。


空気中に浮遊しているチリやホコリに付着しているプルトニウムを体内に取り込んでしまう内部被爆が、プルトニウムの最も危険な被爆です。


気道から吸い込んでしまったプルトニウムは、そのほとんどが気道の粘膜によって食道へ流されますが、4分の1程度は肺に到達し、肺に蓄積し、後々肺がんを引き起こす可能性を高めます。


肺に蓄積する以外にも、胸のリンパ節に取り込まれたり、生殖器に取り込まれたりと、危険性は他にもあります。


プルトニウムの半減期は、約2万年以上とも言われているので、内部被爆してしまうと、ほぼ一生の間、身体の中から攻撃されてしまうことになります。


放射線の影響を調べるのはとても長い期間に渡って研究しないといけないので、病気の発症と放射線の影響の関係性を、統計学的に証明するというが大変難しいところがあります。


動物実験などで、プルトニウムによる発ガンの危険性は認められていますが、発症した肺がんと取り込んだプルトニウムとの関係を、科学的に証明された実例がないというのが現状です。


プルトニウムは、原子力発電しなければ、この世には存在しなかった放射性物質です。


半減期が2万年もの長い期間あるので、一度作り出したら、子孫の子孫のそのまたずーっと後の子孫にまで、h放射性物質プルトニウムの管理をしなければいけません。


作り出したときを知らない子孫にまで、その責任を負わせて良いのか、とても考えさせられます。


プロフィール

放射能の調査員

Author:放射能の調査員
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
テスト
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
ひまわり証券評判