FC2ブログ
ホーム   »   未分類  »  放射性物質テルルって?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

放射性物質テルルとは?


放射性物質で有名なものは、ヨウ素やセシウムですが、テルルという放射性物質も存在しています。


ではなぜ、あまり話題にならないのか、なぜ危険性について語られないのでしょうか?



放射性物質テルルというものが存在し、危険ではない放射性物質などないのは当たり前ですが、テルルも危険だということを知っていますか?


放射性物質テルルは、テルル129とテルル132などがあり、原子力発電で発電をする際に、原子炉内に副産物として生成されます。


テルルは、ヨウ素と同じように揮発性が高い物質で、揮発性が高いゆえに、発生すると遠くまで飛んでいくという性質があります。


テルル132は、半減期が約3日と短く、そのため人体への影響は少ないと言われています。


しかし、テルル129に関しましては、半減期が約33日と比較的長くできています。


半減期が約33日というだけでなく、ベータ線を放射しながら崩壊した後に、半減期が1600万年というほぼ半永久的な放射性物質ヨウ素129に変化してしまいます。


テルルから変化した放射性物質ヨウ素129は、ヨウ素131と同じく、人体に取り込んでしまうと、除々に甲状腺に蓄積されていき、後に甲状腺がんを引き起こす可能性が高くなります。


また、甲状腺に蓄積されるよりは弱いですけど、他の臓器や器官にも蓄積される可能性があり、健康被害の原因になっています。



テルルも放射性物質なので、当たり前ですが、人体に取り込むことに良いことはありません。細胞が傷つけれたり、DNAが傷つけられたりします。


長い間体内に存在し、同じ箇所を継続的に攻撃されると、細胞の修復が間に合わず、そこからがんが発症する可能性が高まります。


半減期が短いテルル132は比較的安心できるのですが、テルル129は半減期の非常に長いヨウ素129に変化するので、非常に危険な物質だと覚えておきましょう。


放射性物質テルルは、ヨウ素やセシウムに比べると、あまり話題になりませんが、ヨウ素129に変化したりする、非常に危険な放射性物質なのです。



スポンサーサイト



NEXT Entry
放射性物質プルトニウムの危険性
NEW Topics
放射性物質の危険性その理由とは?
放射能のホットスポットが存在するので注意!
安定ヨウ素剤 事前配布
放射性物質ヨウ素の危険性
放射性物質プルトニウムの危険性
プロフィール

放射能の調査員

Author:放射能の調査員
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
テスト
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
ひまわり証券評判